メディアを使った効果的な宣伝をするには何が必要か

>

昔から馴染み深い4マス広告

4マス広告は言葉自体は聞きなれないかもしれませんが、馴染み深い広告手段で、普段から見慣れている民法テレビやラジオ番組中に流れるコマーシャル、雑誌や新聞などに掲載されている宣伝などの事を言います。

特にテレビコマ―シャルは広告業界も力を入れているのでコストはかかりますが、広範囲に発信出来るだけでなく、映像から商品のイメージが伝わりやすくメディアを使った宣伝としては効果が期待できる方法です。

雑誌はターゲット層が選びやすい、ラジオはテレビコマーシャルと比べるとコストが安い、新聞はポスティングしなくてもポストに届けられるなど、それぞれの特徴でメリットは変わりますが、4マス広告は拡散のしやすさがメリットです。

インターネットを使って宣伝する

インターネットサイトやSNSを使った宣伝も今の時代にはかなり効果が期待できるメディアと言えます。

広告業者を利用してコストかけて宣伝する事も、コストをかけずに自分で作成して宣伝する事も、発信側が選べるのは魅力的です。

動画配信サービスやインターネットサイトやSNSで、テレビコマーシャルで馴染み深い企業の宣伝を見かける事が多くなりました。
大手の企業は4マス広告と併用してネットを集客にも力を入れているようです。

SNS、ブログ、ホームページ、まとめサイトなどそれぞれを連動させておくと、より宣伝効果があがります。

またインターネットはその情報を知りたい人が閲覧している可能性が高いのもあり見込み客に繋がりやすいと言われています。


メディアを使った宣伝の方法と期待できる効果

この記事をシェアする