メディアを使った効果的な宣伝をするには何が必要か

>

時代のトレンドを把握する

宣伝したい内容ももちろん手は抜けませんが、広告先の媒介になるメディア選びも重要なポイントです。
特にインターネットを利用する場合にはトレンドに左右されやすいかもしれません。

今注目を浴びているメディアを選択することにより、広告が多くの人の目に触れるチャンスとなります。
注目を浴びている環境に集まるトレンドに敏感なタイプの人達は好奇心旺盛な気質の人も多いはずです。
好奇心旺盛な人はフットワークも軽い傾向にあるので、興味をもってもらえたら顧客にも繋がりやすいというメリットもあります。

ちょっと前には注目されてたメディアが勢いがガクンと落ちる事もよくある話です。
そのような時にはトレンドに合わせて広告先や内容を変更する必要も出てきます。

想定するターゲット層を意識する

ターゲット層が決まっているなら、その世代のライフスタイルに合わせたメディアを選ばないと宣伝効力が低くなる場合があります。

独身や働き盛りの20代から40代はゆっくりテレビを観たりする時間はほとんどないかもしれません。
そうなるとテレビコマーシャルもほとんど観る事もいので、そのターゲット層に売り込みたいなら別の手段の方が効果的です。
通勤で利用する電車の車内広告、車通勤ならラジオ、スマホから閲覧できるインターネットメディアの方が目に触れやすいでしょう。

子育て世代の場合、子どもを公園で遊ばせながらママ同士も話を楽しむという独自のコミュニティーがあります。
この場合には口コミの影響力が強くなるので、口コミサイトやアンケートサイトの活用、後押しするようなサンプルがある方が効果的な宣伝になります。

ターゲット層を意識することで戦略が見えてきますね。


トレンドも意識する

この記事をシェアする