メディアを使った効果的な宣伝をするには何が必要か

>

各メディアに合った宣伝作成

費用を支払い広告業者に依頼するのならお任せでも良いかも知れませんが、インターネット環境を使って自分で宣伝を考えるのなら、各メディアの個性や特徴を把握して、そのメディアにマッチした広告を作成しなくてはなりません。

SNSは写真で伝える、文章で伝える、動画で伝える、短めのメッセージを随時発信するなど、それぞれの個性と特徴があります。
ターゲットになる人が多そうなSNSを選んで広告を発信するのも手ですが、最近は複数のメディアに対して宣伝をし、それぞれを連動させるのが主流のようです。
一つのメディアだけだと伝えきれなかったり、ターゲット層を外してしまう可能性があります。
大手の業者も複数のメディアを連動させた広告をしているので参考にしてみると良いですね。

広告を出す前の準備に3C分析をする

集客アップを狙うのならビジネスの基本だとも言われている3C分析をしておきましょう。

Customer、Company、Customerの3つの頭文字がCであることから、3Cと呼ばれてます。

Customerはユーザーのニーズで、どんな検索ワードでヒットしそうか、どんな内容なら良さが伝わりやすいか利用者目線で考えてみます。

Companyは自社の事で、自分の売り出したいものがライバルよりも優れている点や強みは何かを分析します。
強みを知るのは宣伝する際にも武器になります。

Customerは競合する会社の事で、ライバルの宣伝戦略や商品について自社の物よりも優れている点と劣る点などを分析することも大事です。

3C部分析は広告効果を上げる為にも重要です。
実践しておきましょう。


情報を発信できる環境を整える

この記事をシェアする